専用駐車場あり
お問い合わせはお気軽に 0774-54-7808

〒610-0121 京都府城陽市寺田高田55-2

京都府城陽市のうめかわ内科クリニック。内科 糖尿病 生活習慣病 メタボリックシンドローム 栄養指導 肥満外来 糖尿病外来。

HOME

院長紹介

当院のご案内

初診の方へ

交通案内

お知らせ

院長紹介

管理栄養士によるぱぱっと野菜レシピ
健康講座のご案内
管理栄養士による個人栄養指導
携帯電話で混雑状況の確認と受付ができます 詳しくはこちら
MOBILE SITE
HOME»  院長紹介

ご挨拶

【院長】梅川 常和(医学博士)

院長 梅川 常和

開業までに京都市立病院等にて2,000人以上の糖尿病患者様を診療させていただいてきました。多くの重症合併症を持った糖尿病患者様が、合併症を起こす前に予防・早期発見・早期治療ができなかったかということが残念でなりませんでした。

生活習慣病の予防、早期発見のための啓蒙活動、定期的な検診の必要性を痛感致しました。病院の糖尿病専門外来では多数の患者様が集中し十分な診療が行えない状態でした。

クリニックでは生活習慣病の予防、早期発見のための啓蒙活動に力を入れ、きめの細かい行き届いた診療を目指しております。

院長略歴

平成元年
川崎医科大学卒業
平成元年
京都府立医科大学付属病院第一内科入局・研修医
平成2年
大阪鉄道病院 内科医師
平成5年
京都府立医科大学付属病院第一内科 修練医
平成10年
京都市立病院 糖尿病・代謝内科 医長
平成13年
社会保険神戸中央病院 内科医長
平成16年
京都市立病院 糖尿病・代謝内科 医長
平成19年
うめかわ内科クリニック開設

英文論文

  1. Trp64Arg mutation of β3-adrenoceptor gene deteriorates lipolysis induced by -adrenoceptor agonist in human omental adipocytes. Diabetes 48: 117-120, 1999.
  2. Anti-obesity and anti-diabetic effects of CL316,243, a highly specific -β3-adorenoceptor agonist, in Otuka Long-Evans Tokushima Fatty rats: Induction of uncoupling protein and activation of glucose transporter 4 in white fat. Eur.J.Endocrinol. 136(4):429-437,1997.
  3. Mutation of β3-adrenergic-receptor gene and response to treatment of obesity. Lancet, 346,1433-1434,1995.

他50編以上
邦文論文多数、国内・国際学会発表多数

最近の論文

  1. 日本人女性における高度肥満症例を含む内臓脂肪面積ウエスト周囲径の相関関係.肥満研究 13(1):19-22,2007
  2. 減量により大量のインスリン注射から離脱できたメタボリックシンドロームを伴う肥満2型糖尿病の3症例.糖尿病 50(4)247-254,2007 他
  • 1の論文は、メタボリックシンドロームの診断基準が適切かどうかの検証を行ったものです。
  • 2の論文は、多量のインスリンを注射していた高度肥満の糖尿病患者様が、食事療法、運動療法を実行して、減量しインスリン注射の必要性がなくなったり、糖尿病が治癒したお話です。

専門とする疾患など

  • 生活習慣病(食生活指導、ストレスマネージメント等)
    糖尿病(1型、2型、内服治療、インスリン治療等)
    肥満症(メタボリックシンドローム等)
    高脂血症
    高血圧症
    痛風
  • 骨粗しょう症
  • 甲状腺などのホルモンの病気

所属学会・認定医など

免許・資格等

  • 医学博士
  • 日本糖尿病学会 専門医・指導医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 京都糖尿病医会 理事
  • 日本糖尿病学会近畿支部 評議員
  • 日本肥満学会 評議員
  • 日本内分泌学会 代議員

所属学会

  • 日本糖尿病学会
  • 日本内科学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本肥満学会
Page Top